オリンピックの記事一覧

ロンドン・パラリンピックで国枝慎吾(千葉県)選手がパラリンピック2連覇を果たし、金メダルを獲得しました。

第11日の9月8日、五輪公園内のイートン・マナーで行われた車いすテニスの男子シングルス決勝。
対戦相手は、最大のライバルで第1シードで世界ランキング1位のステファン・ウデ(フランス)選手です。

国枝選手は、は第1セットを6―4で奪うと、第2セットも6―2とウデを圧倒しました。
日本選手の今大会での金メダルは5個目となります。

「【国枝慎吾 ロンドン金メダル】結婚は?フェデラーの言葉は?歩行回復?」の続きを読む »

オリンピック

ロンドンパラリンピック競泳女子100メートル背泳ぎ(視覚障害1)で、秋山里奈(あきやまりな)選手(24)が金メダルを獲得しました。
記録は、1分19秒50。自身が持つ世界記録には及ばなかったものの大会新記録でした。

パラリンピック競泳の女子100メートル背泳ぎで、視覚障害者のクラスが設けられるのは、アテネ大会以来、2大会ぶり。
一緒に決勝に残った小野智華子選手は8位でした。

「秋山里奈 画像 競泳背泳ぎ金メダル!アテネの銀雪辱【パラリンピック】」の続きを読む »

オリンピック

ロンドン・パラリンピック第4日に正木健人(25)選手が日本選手初の金メダルを獲得しました。

出場したのは、柔道(視覚障害)の男子100キロ超級。
初戦の2回戦で、アテネ、北京大会を連覇したザキエフ(アゼルバイジャン)に一本勝ち
準決勝でキューバ選手と対戦。優勢勝ちで決勝に進みます。
さらに決勝では中国選手の王嵩選手を一本勝ちで破り、金メダルを勝ち取りました。

「正木健人 柔道100キロ超級金メダル!出身・プロフィール・実績も紹介」の続きを読む »

オリンピック

ロンドン・パラリンピックが8月29日、開幕しました。

日本時間4時半より開会式が行われました。オリンピックに劣らずなかなかの演出でしたよ。
ホーキング博士も参加していました。

本大会は、史上最多の166カ国・地域から4200人を超える選手が参加予定。
20競技、503種目でメダルが争われます。
9月9日まで12日間行われます。

「ロンドンパラリンピック 種目・日程・放送時間、メダル期待日本代表選手」の続きを読む »

オリンピック

ロンドンオリンピックの閉会式が行われましたね。
17日間におよんだ熱戦がついに閉幕したした。

閉会式のテーマは「英国音楽のシンフォニー(交響曲)」。
芸術監督を務めたのはキム・ギャビン氏。
で、ひたすらUK音楽メドレーが繰り広げられました。

「ロンドン五輪 閉会式 プレイリスト・曲名・出演アーチスト・モデル名覚書」の続きを読む »

オリンピック

ロンドンオリンピックで最後の最後に嬉しいことがありました
フリースタイル男子66キロ級決勝で、米満達弘(よねみつ たつひろ)(自衛隊)選手ががスシル・クマール(インド)選手をを下し、金メダルを獲得しました。

レスリング日本男子の金獲得は24年ぶりです。
その前は、1988年ソウル五輪のフリースタイル52キロ級で佐藤満が獲得していました。

「動画 米満達弘が金メダル!井上謙二コーチは須藤元気に似てる?」の続きを読む »

オリンピック

オリンピックのフィナーレを飾る閉会式。
ロンドンオリンピックはどのような演出、出演者が待っているのでしょうか?

関係者、出演者ともに口を閉ざしているため、なかなか情報がはいってきませんが、それでもわかってきたこともあります。
私が調べて、わかってきた範囲で紹介します。

「ロンドン五輪閉会式 日本のテレビ放送時間は?曲・出演者・歌手は?」の続きを読む »

オリンピック

ロンドンオリンピック最大の花形レース・陸上男子400メートルリレー決勝が行われました。
ウサイン・ボルト、ヨハン・ブレークを擁するジャマイカが、36秒84の世界新記録で優勝しました。

アメリカが37秒04で銀メダル。トリニダード・トバゴが38秒12で銅メダルでした。
カナダは38秒12でゴールしたのですが、違反があり失格となりました。

「ロンドン五輪 陸上男子400mリレー決勝動画!ボルトらジャマイカが金」の続きを読む »

オリンピック

ロンドンオリンピック輪は、陸上競技の女子20キロ競歩が行なわれました。
五輪初出場のエレナ・ラシュマノワ(Elena Lashmanova)(ロシア)選手が世界記録で優勝し、金メダルを獲得。
記録は1時間25分02秒。これまでの世界記録を6秒縮めました。

日本勢は、日本記録保持者の渕瀬満寿美(大塚製薬)選手の11位が最高で、記録は1時間28分41秒でした。

「【ラシュマノワ 画像 動画】かわいいロシア選手!プロフィールは?20キロ競歩金メダル」の続きを読む »

オリンピック

新体操の個人総合決勝が行われ、エフゲニヤ・カナエワ(ロシア)選手が金メダルを獲得しました。
予選トップのカナエワはリボン以外で29点台の高得点。
なんと4種目合計116.900点で、史上初2大会連続の優勝となりました。

2位のダリア・ドミトリエワ(ロシア)を2.400点差で圧倒した。3位はリュボフ・チャルカシナ(ベラルーシ)。

「【カナエワ ロンドン五輪新体操2012】リボン衣装作成&CM動画紹介」の続きを読む »

オリンピック